FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

障害名などなくても・・・・

 発達障害の勉強をいくらしても、ふだんの授業に行かせない教師がいる一方で、そんなに勉強などしなくても一人ひとりを尊重して授業できる教師もいます。障害名など関係ない
 わかっている人はずっと前からわかっているし、分からない人はどんなに勉強してもわかりません。
 授業がやりやすいよう、落ち着きがなく学習障害の子は排除したいと教師が思えばそれまでです。

 そもそも障害名などなくても、子どもを教育するプロであれば、子どもたちの様子に気づき、特別な配慮を誰に教わらなくてもするものです。
 そういう子どもを配慮できる教師とできない教師がいる。
 理解して受け入れられる親と受け入れられない親がいる。
 その割合は今も昔もそんなに変わっていない。
 
 だから、どんなに診断名がついても、勉強会をしても、理解されないで苦しんでいる子は減りません。
 別に診断がなくたって、配慮も理解もあって当たり前なのに、いつのまにか診断名がまるで印篭であるかのようなことになってしまっています。

 親たちは自分の力で子どもを育てられないから、社会に投げて支援してくれと訴えた。
 その結果、健診で引っ掛かるような子どもだけが増えた。
 現場の教師は、診断が出たというだけで手に負えないという。支援学級に行ってくれという。
 これが今の支援の実際。
 親がわが子と向き合う力量を鍛えることなく、講演会に行けば子どものことを本当に分かるか。支援があればそれに頼る。自分で考えなくなってしまう。

 診断をつけるだけつけて、学校の支援学級の人数がふくれあがるという異常事態をおかしいと思わないのだろうか。
 それまで普通学級でそれなりにやれていた子どもたちまでが、特別支援学級に入れられたがっている。
障害を大事に扱ってくれる教師なら、その人はすべての子どもに気を配ることができる人なのです。
 アスペルガーですといったところで、空気が読めないことぐらいで、他人を排除するような人は、障害名があろうが無かろうが、平気で他人を排除します。
 人間的に温かい人は、障害名がなくても困ったことがあったら助けてあげるよと言ってくれるでしょう。
 人間、組織に合うか合わないかとか、自分にとって有益かどうかという視点でしか見れない人たちには、どんな障害も同じこと。
 むしろ、障害名や病名をつけないと、配慮できない人間が増えている。
 
 病気や障害でどんなに配慮してもらっても、それは配慮であって、同じ人間として認めたわけじゃないことが、いつかわかる時がくる。
 必要なのは、配慮ではなくて、どんな個性でも普通に生きていけることじゃないか。
 障害名は自分の安心材料にはなるけど、一生を保障してくれるものではないのだから。
 それよりも、自分の特質を知ってどう生きていくかを学ぶことこそ、障害の名前を知るより大事なこと。
 自分が感じることには自分しかわからない。
 どんなに有名な医者にも、自分の感覚はわかってもらえない。

 障害について学ぶことは。自分の中にある「普通」を、「当たり前」を疑うことです。
 知識で子どもをとらえるのではなく、親の感性、感覚で子どもをとらえる。
 知識だけを学び、相変わらず「世間の常識が私の常識」「子どもはこうあるべき」という考え方を持ったままでいると、いつまでたっても子どもを理解できない。
 子どもの人間性や成長を疑っている人ほど、必死で障害について勉強される。
 このままでちゃんとした人間になってくれるだろうかと思うから、どんなにおかしな知識でも信じてしまう。
 大丈夫、ちゃんと育つよと思っていれば、知識をチョイズして子どもにふさわしい環境をあたえられるはず。
 知識優先、訓練重視で発達障害をみようとすることに、どれだけ常識、当たり前をかぶせて世の中を見ているか、どれだけ自分自身を人に合わせて生きようとしているか。
 (くーひなさんのブログより)
 


 「みんなと同じことができない」「人よりちょっと変わっている」という子どもたちは、発達障害というレッテル貼りや「診断」をつけて区別されることが多くなりました。少子化の時代にあって、今や学校は「特別支援教育」の名のもとに支援学級の乱立です。
 その傾向はなにも子どもたちをとりまく場面だけではありません。大人社会でも「個性的な人」は普通人の範疇でとらえられるのではなく、「自分たちとは違う異質な人」となり、障害名などついていなかった個性的な人たちは、「広汎性発達障害」だとか、「アスペルガー」だとか「高機能自閉症」だとか、(これらの診断名もいずれ“自閉症スペクトラム”に統合されそうとしていますが)いろいろと区別され、それがひいては「排除」につながる結果ともなっています。
 大人社会でも、そういう人たちへの配慮もないままにいじめのような扱いをうけることもある。

 しかし、障害名などにこだわらず、また個性を特性として認めてあげられる人は、最初からそういう視点ではみません。ひとりひとり違う個性を持ち合わせる人として、配慮が必要だったらさりげなく配慮した行動をとっくに取っています。
 長男の小学校5・6年の担任だった先生は、そういう先生でした。障害名や発達障害があるという前に、子どもを先生なりによく観察し、ひごろの学校生活の中での行動や会話などから息子の特性をつかみ、それに応じた関わりをしてくださいました。
 そういう教師であれば、子どもだって「この先生ぼくのことを分かってくれる」となるし信頼もうまれるでしょう。発達障害だから特別扱いということでもなく、クラスの一員として当たり前の(配慮も含め)態度で接してくれた先生だったと思います。
  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ


ランキングに参加しています。 

 
 
スポンサーサイト



地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR