FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

池田晶子さん没後10年

 「哲学エッセー」というジャンルを確立した池田晶子さんが亡くなって10年がたった今も、著作は読まれ続けているという新聞記事を目にした。
 失礼ながら私は池田さんの著作をこれまで読んだことがなかった。『14歳の哲学』など若者にもわかりやすいことばで「考えるとは何か」というテーマで哲学と言う分野をわかりやすく書いている。

 図書館でさっそく本を借りて読んでみると、とてもユニークでかつ彼女の放つ言葉が実に的を得ており、哲学的なことを本の中で学べるのであった。
 どれも「目からウロコ」の文章が並ぶ。そして彼女のユニークな(しかし真実をついた)生き方や考え方に感銘をうけるのである。
 
 以下に一部抜粋させていただく
 
 探すのをやめよ
 いつまでも働かない、決められない若者たちの心性の根底には、「自分探し」があるとも言われる。「自分がわからない」、だから「自分に合った」「自分にふさわしい」仕事が見つかるまで、働きたくないという理屈である。
 そう思っている限り、働くことはあり得ない。「自分に合った」仕事など、いつまでも見つからない。なぜなら彼らは、「自分に合った」仕事を見つけたいと言う。その一方で「」自分がわからない」とも言う。つまり、わからないものによって、わからないものを見つけようとしているわけだ。そんなもの、見つかる道理がないではないか。
 自分というものは、「わからない」のではなくて、じぶんというものは「ない」のだと、一度思い知らなければダメなのだ。大人は本当はそう教えるべきだったのだ。しかし、戦後の教育は逆に、「自分らしく」「個性をもって」生きなさいと教えてきた。そう言われたって、よくわからないそんなもの、見つかるまで探すしかないんだろうなあ。子どもは当然そう思う。
 個性というものは、自分が見つけるものではなくて、他人が見つけるものである。自ら個性的であろうとするような個性が、個性であるはずがない。そんなものは、他人と異なろうとする一種の作為であって、自ずからのものではない。他人がどうなのであれ、自分にはこうとしかできない。それが本来的な個性というものだ。そして、本人にあっては、こうとしかできないことをやっているだけなのだから、それを個性なのだと思うはずもない。思うのは他人である。なるほどあの人はああとしかできない人だな、あれがあの人の個性だなと。
 自分というものが「ない」と知ることによってこそ、人は個性的な人になる。自分なんてものが「ある」と思っているから、人はいつまでもそんなものを探すことになる。本当には生きられないのである。
 (『知ることより考えること』より)

 ・君が自分を捨てて、無私の人であるほど、君は個性的な人になる。
 ・自分を認めるためには他人に認めてもらう必要はない。(中略)人は、他人と出会うよりも先に、まず自分と出会っていなければならないのである。
 (『14歳からの哲学』より)

 
スポンサーサイト

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR