FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクールカウンセラーとの面接

 先日、長男の中学に勤務することになった、県のスクールカウンセラーの方と親面接を行いました。

 今月から月に1~2回の程度委託を受けて訪問するらしいです。ちなみに自治体独自に採用しているスクールカウンセラーもいるのですが、そちらは特に専門的資格はなくて勤務でき、回数も多く学校に来るのですが、県のスクールカウンセラーは臨床心理士の資格で採用されること、そしてその方自身も某精神科病院で現に臨床心理士としてカウンセリングなどを中心に勤務されているとのことです。

 今の長男の症状についていろいろお伝えし、親としての思いや見解などを伝えました。
 
 以前このブログでも(「スクールカウンセラーの功罪」)でも書いたように、教師と対等になれない現場の悩みなどもあるようで、はたしてこのカウンセラーは本当に「子どもや親の見方」に立ってくれるのだろうかという期待と不安の入り混じった思いで面接に臨んだのでした。

 実際、カウンセラー自身が、病院という医療現場の「思春期外来」で不登校をはじめとする子どもたちのカウンセリングにも携わっていることもあり、むしろ学校現場のマイナス面の実態も理解してくださっており、自分たちの意見や今、子どもに怒っている「症状」へも共感的に聴いてくださいました。

 発達障害の子どもたちにとって、その感覚の過敏さからくるが故の様々な生きにくさ。思春期の子であれば誰もが「自分と他人との違いに敏感になり、人の目が気になる」ということは普通だが、それが度を越してしまうため、「対人恐怖症」「思春期うつ症」などのように病的に見えることもあるかも知れないが、それを「病気」という見方をするよりも「発達障害がゆえの感受性の過敏さが思春期という時期に出ている」という見方をした方がいいんじゃないかとのアドバイスでした。この過敏性も年齢を重ねていけば次第に弱まるとも・・。

 学校というところは、だいたいが「みんなと一緒に努力し、頑張る」ことを目指すところではありますが、やりたくでもできない子、自分なりに頑張っていてもその頑張りが目に見える形で表れないと「頑張っている」とは認めにくいところ。
 心因反応(腹痛)まで起こしても遅れても学校に行く長男は確かに本人なりにはかなり頑張っていると思います。しかし、学校側は「受験も控えているし、できれば1時間目からの登校を・・」と求めてきます。
 発達障害を持つ一人の生徒への「授業への配慮」の少ない環境の中にあって、本人にとってはかなり苦痛かもしれないマンモス校の中でのざわざわした環境の中で、一日の大半を過ごす生活はきっと辛い部分も大きいと思います。
 スクールカウンセラーの方は、「そんな環境でも頑張っているからこそ、心因的な反応も出やすいのでしょう。ストレス耐性を徐々に上げていくということも必要だが、やはりストレスを回避し、こころの安定を図ることも大切。その辺のバランスが難しいけど、子どもの症状を見ながら押したり引いたりしていく必要があるでしょうね。学校にも親御さんの方で配慮してほしいことを伝えておきます」と言ってくれました。

 学校と親や子どもの間に立つ橋渡し的な存在で、中立的な見方をしてくれ、時には学校側にもアドバイスしてもらえるようなスクールカウンセラーという存在も必要な部分かもしれません。医療機関で働いているという臨床心理士の方って比較的、学校側の目線からは離れた視点でとらえてくれるので、比較的お互い理解しやすかったように思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ


ランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/211-a3e86ab4

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。