FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

自分の心と向き合えば・・

 (ある媒体から)
 
 人の行動、言葉、重いには必ず隠れた感情がある。
 必ず自分だけの理由がある。
 その感情には、幸せな記憶、辛い記憶が混ざり込み、余計感情の回路を複雑にする。
 たとえば、あの人が嫌いという気持ちがあるとすれば、
 なぜ、嫌い?
 どういう言葉、態度が嫌い?
 どうしてその言葉が嫌い?

 拒絶したい気持ち
 怖い
 心がチクチクする
 堕ち込む

 なぜ堕ち込む?
 なぜ怖い?

 そこから先を認めたくない自分がいる。
 新たなすがりつく理論がほしくなる。
 しかし、受け入れたくない気持ちに、うっすらと気づきはじめる頃

 ここで二つの道ができる
 認めるか、認めないか
 たったそれだけのこと
 認めないことを選べば、武装するしかない。
 認めることを選べば、自分と和解するしかない。

 もともと自分を信頼するという心の基盤がある人は、
 そういうことは一瞬で越えてしまう。

 結果を求めるあまり、自分の感情にふたをしたままそこに自分を無理やり合わせようとしたとします。
 そして無理やり見守る形を作り上げようとします。
 それらは、往々にしてつながりがあやふやで、自分でつぎはぎした理論だったり、矛盾した理論だったり、言い訳だったりするわけですが、どちらにしてもその見守りは、ただ我慢しているだけの状態にしかなりません。
 人は我慢して見守ることなんかできっこありません。
 どこかで必ずボロが出ますから。
 自分の感情を、うそで塗り固めても、感情ははけ口を求めて爆発しようとしますから。
 結果や理論を先において、そこに自分をあてはめる。
 自分の気持ちを理屈づけするとき、何も目的がないとか、結果が見えないことがすごくおそろしいから。

 自分に向ける瞬い眼差しがあって、はじめて他者への見守る慈愛の眼差しが可能になるのではないか。
 だから、特に不登校の親御さんには子どもをいじくり倒すより先に自分の感情を見つける大切さを伝えたい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ


ランキングに参加しています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/408-c6dd3537

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR