FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口の事件に思う

 山口県の限界集落で起きた殺人事件で、63歳の男性が逮捕されたニュースを新聞やテレビで盛んに放映しています。

 15歳で東京へ出て、左官職人としての腕を磨き仕事に一生懸命だったが、両親の介護のため故郷へ戻り、親が亡くなるまではなんとか地域にも受け入れられて暮らしていた男性。
 一人暮らしになってから行動がちょっと変わってきだし、何かと村の人たちとトラブルに・・・。
 
 しかし、以前にはある被害者の一人から酒の席で口論になり包丁で胸を刺されたことがあった。その時点では彼も「被害者」であったわけです。
 「地区の人となじめない。自分が孤立しているようだ」と一度は警察にも相談を持ちかけていました。
 なんとかして、都会から戻った自分を受け入れてもらいたいという思いから、警察に相談するほど地域の人たちとの交流にはかなり葛藤があったものと推測できます。

 確かに、残忍な手口で5人もの人を殺害した罪は問われなければなりません。しかし、この事件の背景にあるものは、この男性だけの問題にすべてを転嫁してしまってよしとするようなものではないような気がします。 
 「異質なものを排除」する空気や視線が地域の人たちの中にはなかったのかと感じてしまうのです。

 この男性はきっとこの地域では、「変わった人」という認識をもたれてしまったのかもしれません。
 しかし、中学までは特に人間関係のトラブルはないまま、また40代で戻って両親の介護をしていた頃も、そういう印象は持たれなかったわけで、その時点までは地域での受け入れもそれなりによかったのでしょう。
 親が亡くなり、一人暮らしになってからは、地域住民の目も親が生きていたころとは違う何かを男性自身が感じていたのか、地域住民との関係に悩み始め、精神的に追い詰められてしまったのでしょう。その頃から奇異な言動が目立ち住民ともトラブルになることが多くなっていったように推測するのです。
 そのことが彼に「変わり者」のレッテルを貼り、彼もまた地域の人に受け入れられていない事で自暴自棄的な言動に走り、結果的にああいう事件にまで発展してしまった・・・・。


 かつて加害者だった人が被害者となって殺されてしまいましたが、いじめ被害者を追いこんで最後まで加害者は被害者のふりをして自分たちの価値観を正当化する構図とどこか似ているということをブログに書いている人もいました。
 「あいつがああいう態度だから、(胸を)刺したんだ」と、きっと生きていればその被害者は自分を正当化してそういうのでしょうか。
 
 誤解を恐れずに言えば、この事件の背景にあるものを無視しては本質は見えないような気がします。
 ただ、単に「殺人者」としてこの男性を悪者扱いするだけでは何も変わらない・・・。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ


ランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/412-3a5edb25

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。