FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援者が見せる差別や偏見

 ある精神疾患(統合失調症)で一人暮らしをしている60代の男性の相談が通院している病院のソーシャルワーカーから電話で入りました。
 「65歳になったので、包括支援センターとも今後連携を図るために連絡した。訪問して様子を見てほしい」というものでした。
 担当になったスタッフが実態把握訪問をしたりしていました。一人暮らしで最近は閉じこもっていることが多くなりがちとのことでもあり、夏の暑い盛りに脱水症などになっていないかというのも気になるような状況でもありました。
 訪問先から帰ると開口一番にAさんは、また例のごとくその男性の風貌や特性を誇張してあれこれと訪問時の様子をおもしろおかしく周りのスタッフに聞かせています。
 まず何といっても、訪問した相手のことを「名指しで呼び捨て」でしゃべるし、「統合失調症」「精神疾患」というだけできっと彼女の心にはそういう人たちへ「差別や偏見」が大ありなんだなあと感じられる発言です。

 今日はその男性のアパートの大掃除をシルバー人材センターに頼むための手続きについて、保健師とシルバーの担当者と一緒に出かけていきました。帰ってくるなり、「ああ、○○男(名前)の家の匂いがきつかった!!」その後もずっと「いつまでも自分の服や体にくっついて匂いが取れない」と何度もぼやいていました。

 こういう態度や言動ってあからさまにする保健師です。
 「最近は、こんなのばっかし(相談に)来てどうしようもない」とか、いつも社会的弱者や底辺に追いやられた人達を支援しているつもりでも、実際その本音の部分では「厄介な人」と見下げた態度で接する彼女たち。
 毎日こういう言動のなかに身を置いていると、ほかの職員にもそういう空気が浸透し、そういう態度や評価が「あたりまえ」の状態になってしまう。
 
 一緒に連携を図ろうとするときに、その人がそういう人であれ、どんな境遇を抱えて生きて来た人であれ、相手にも尊厳があることは忘れてはならないでしょう。
 支援者に隠された大いなる「差別や偏見」。会話の端々からその人の差別や偏見の度合いや価値観というものが透けて見えます。きっと対象者の方がもっとそういう視線をいっぱい感じていることでしょう。
 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/423-062ffa02

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。