FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域で見守るとは?

「地域力」や「見守り」がさかんに叫ばれている。にもかかわらず、孤独死や虐待の問題は相変わらず増えつつある今の社会。
 国はこれから認知症対策についてさまざまな事業を打ち立ててくる。しかし、地域や各自治体の方でもそこまでの体制になっていないところが多い。
 いろんな施策を次々と打ち出して来るのはいいが、それをどのように地域の実情に合わせて消化していったらいいのか?同じ価値観でみな地域をみている人たちだけではないだけに、いろんな人がからめばからむほど思惑が違いかえって連携も進まない例も多い。


 「地域力」「や「見守り」だって自分が好ましいと思う人間だけに限っていることを誰も自覚していない。
 価値観に合わない人間、本能的に嫌われている人間は真っ先に切られてしまう。
 同じ色にならないと助けてやらないよって雰囲気。
 権力者が望むような弱者かどうかにすべてがかかっている。
 自分が嫌いな人間でも、見守れるか、気にかけられるか。
 その人間力が今試されている。
 嫌いなままで受け入れられるかどうか。
 それができないからみんな孤独になる。


 地域にはさまざまな生活環境、生活レベルの人が暮らしています。
 精神障害を持つ息子さんと長年一緒に暮らしていた母親も認知症になり、不安症状から何度も救急車を呼ぶ騒ぎになったことがありました。地域の近隣の人たちは(日頃からあまりつき合いがないこともあり)「何度も救急車騒ぎを起こして厄介だ」という認識です。担当になった民生委員も、息子さんの精神障害のことを告げると「ああいう精神障害者を地域に住まわせていていいのか?」と。
 何らかの障害があるだけで生活上、地域に迷惑になっていなければそれはそれで暮らしていけますが、この母親にしても息子さんの障害については近所の人にも伝えていませんでした。息子さんは家では閉じこもっているだけで、精神症状はあるにしても格段地域に迷惑になるような行動はありませんでした。
 しかし、いったんその息子さんの存在を守ってきた母親が認知症になったりすると、とたんにその家族の問題が浮き彫りになってきます。「精神障害者≒危険人物」であるかのような偏見。たしかに訪問しても人を寄せ付けないような言動もあります。起こったような口調や独語もその症状の一つとしてみられることもあります。それだけで、精神障害(統合失調症)の何たるかをあまり知らない地域住民にとっては、息子さんの存在が「恐い」という感情を引き起こしてしまうのかもしれませんが・・・。
 そうなったときに、「ああいう家は何か地域に厄介なことがおこるのが心配」となり、民生委員→行政へと相談が入ったりします。
 この母親があえて息子さんの存在を地域に隠して生活してきたとしても、それを誰が非難できるでしょうか。
 隠してこなければその地域のまなざしをもろに受けてかえって生きずらかったかもしれません。
 それまでは見えなかった世帯(家族)の問題はある意味、そのキーパーソンの人がその役割を遂行できなくなった時に起こってきます。
 その時に、その地域やその地域住民(とりわけ民生委員を始め、隣人など)がいかに、そういう世帯を自分たちの価値観だけで判断し、排除の精神になってしまわないか・・・残念ながらまだまだそんな雰囲気が(行政にも)あるのです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ


ランキングに参加しています。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/426-d21def87

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。