FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の気持ち

 最近は、介護保険の認定調査で介護のランクから要支援に認定される利用者さんが増えてきています。
 先日も、これまで、要介護1で居宅介護支援事業所のケアマネジャーが長らく担当していた独居高齢女性の利用者が要支援2に認定されました。
 要支援は地域包括支援センターが担当となるのですが、これまでのケアマネジャーに委託する形で、私(包括)の方で一緒に契約訪問を行いました。
 前任のケアマネジャーも管理職となったため、所属の新しく担当するケアマネジャーとの3人で訪問面接しました。

 その80代の利用者にはお子さんが二人(男)がおりますが、長男は大学卒業後から精神科に入院をしており、現在は50代となるその息子さんは今、末期のがんに侵されています。
 旦那さんを数年前に失くしてからは、一人暮らしとなりましたが、夫亡き後の喪失感や息子さんの病状の心配やご自分の将来への不安や淋しさでうつ傾向が強くなり、介護保険を申請した経緯がありました。
 これまで要介護認定だったことや、精神的な波もあり、毎日ヘルパーを派遣し家事援助を行っていたようです。
 今回、それが、要支援2となり、やはり一応は「介護予防」や「自立支援」ということを利用者にもプラン作成の上でもご理解を頂く必要があるわけですが、いろいろご本人と話をしていく中で、やはりその人がどういう思いで生活をしていっているのかもきちんと受け止めることも大切かもしれないなあと思わされました。

 その利用者様の息子さんは30年以上も精神科病院に入院をしており、彼にとってはその病棟が生活の場所になっているのでした。がんが見つかって手術はしても末期で回復の見込みがないとわかり(本人にも告知されている)、それならば長年入院して自分のことを良く知っている医療スタッフのいる精神科病院の方で看取ってもらいたいとの本人の希望で戻ってきたとのことでした。
 そして、母親として今は、毎日面会に行っているのだと。これまでヘルパーしか利用しておらず、介護予防の趣旨からいったら、うつ予防のためにも気分転換や交流、運動目的での通所サービスの提案もしてみたものの、「今は息子の所に面会に行くのが私の日課だから、ほかの事は考えられない。でも家に一人でいると、さびしくて切なくで、毎日泣き明かしている。家事もできない時が多いので、ヘルパーさんにこれまでどおり支援してほしい」と。

 ご本人もあまり身体的な体調もすぐれないこともあり、家族の入院や夫の死によるさまざまな喪失感や不安感情が精神的にも影響しての今の生活なのだろうと察します。
 
 要支援になったから、介護予防サービスとしてできることはしてもらう、そのための介護予防ヘルパー派遣だと、一応理屈の上ではそのように助言はするものの、ご本人の生活は全然これまでとは変わっていない・・・。
 毎日毎日、息子さんの療養している病院に面会に行くことで、母親としてできる限りのことをしてやりたい。「自分より先にわが子が死んでしまうなんて、何て残酷なんだろう・・」と悲しみを隠してその時は息子さんに精一杯の母親としての顔を見せに行く。帰ってくるとうつ症状が強くなり、時には死んでしまいた気持ちにもなるという、利用者様の心の叫びに一緒に共感し受け止めようとしたケアマネジャーと私。

 生活や本人の思いというものは、今日から認定が「要支援」になったからといっても、そう簡単に理屈通りにはいかないのです。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/431-d4bda1b3

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。