FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者は長い人生を生き切った人

 今日、以前から見たいと思っていた映画「くじけないで」を鑑賞してきました。

 90歳から詩を書き始めたという柴田トヨさんをモデルにした映画です。
 
 柴田さんが出された詩集は以前より読んでいましたが、どの詩を読んでもかざらない言葉で心情を表現し、いろんな辛い体験や悲しみ、苦労もたくさんあったはずなのに、詩に表した時には前向きな言葉がならび、本当に素晴らしい自分らしい生き方をまっとうされた方なのだと感じます。
 
 映画の中でも、トヨさんの人生の歩みが映し出されていきますが、ああいう人生を生きて来たからこそ、あのような詩ができあがったのだということも改めて映像を見て思いました。

 私も含めて、高齢者の分野で仕事をしていると、80~90歳も超えた高齢者達と関わる中では、「高齢者とはこんなもの」という一種のイメージで見てしまっているのではないかと思うときがあります。

 私たちは、その高齢者と接するときには、その人がそれまで生きて来た足跡を一応は聞きとりはするものの、決して家族とは違い、その人と一緒に歩んできたわけではありません。相談に来た時点からの関わりしかないわけです。
 
 トヨさんは詩集も出して、それがベストセラーにもなり、彼女の人生も映画化されるようになり有名になりましたが、一人一人の高齢者の人生に思いをはせるとき、その人個々人の人生模様があるはずなのです。

 しかし、ひとたび認知症になれば、「認知症の老人」という枠で評価したり、一人一人顔も個性も違うのに、「認知症の人はこういうタイプ」とレッテルを貼ったりしがち。

 
 映画のなかで、医院の待合室でヘルパーさんや他の患者さんがおばあちゃん呼ばわりするのですが、「おばあちゃんじゃない、トヨさんよ」と、トヨさんは静かに、でもはっきりと応える場面があります。

 またトヨさんの詩にも次のような一節があります。高齢者は長い人生を生き切った人であり、喜びも苦しみもいろんな心模様を体験しつくした人。そういう人生の先達に私たちは幾らケアマネジャーだの、ヘルパーだのと専門職として関わるといっても、けっして「高齢者」という一緒くたな見方をすべきではないという気がします。

   
   私を
   おばあちゃん と
   呼ばないで
   「今日は何曜日?」
   「9+9は幾つ?」
   そんな、バカな質問も
   しないでほしい
   
   「柴田さん
   西条八十の詩は
   好きですか?
   小泉内閣を
   どう思います?」
   こんな質問なら
   うれしいわ

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ


ランキングに参加しています。 

    
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/439-a53c9d48

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。