FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害児をもつ親どおしの付き合い方

 以前、次男の学校行事の見学をしていたときのことです。
 同じ学年の支援学級に通っているA子さんのお母さん(同じ町内会)も見学にきており、いろいろ話しこみながら見学していました。

 支援学級のクラスに、これまた同じ町会の発達障害のB子さんも在籍しているのですが、そのお母さんは「BちゃんはうちのAに意地悪をしたりするので、Aはその子が嫌いなんです。Bちゃんのお母さんも躁鬱病で、薬を飲んでいるらしく、挨拶しても気分が悪い時は返事もしないで常識がない、周りのお母さん達もBちゃんのお母さんとは話があわないらしい」「自閉症の親の会にも参加しているので、そこでも相談しているが、〝そういう人とは関わらない方がいい”と助言されています。」と。
 また、「町内会の役員の集まりの時も、Bちゃんのお母さんが役員になったとき、うちの父親に〝わたし精神障害で薬を飲んでいるので、あまり仕事ができない”というようなことを言っていたそうだ」「ああいう母親の子どもだからBちゃんもしつけがなっていなく、乱暴。うちのAもBちゃんがいると恐がって学校に行きたがらない」
 「お母さんがああいうふうだから、子どもも兄弟姉妹情緒不安定なんじゃないか」


  Aちゃんは高機能自閉症、お母さんも発達障害の当事者。一方Bちゃんのお姉さんも支援学級(今は中学)で、時々心理的問題で入退院を繰り返すところがあります。BちゃんはADHDの要素もあるのか、感情の起伏も大きいのでしょう。
 同じ発達障害とはいえども、いろいろその特性的なところは違うわけですが・・・。
 もともと、Aちゃんのお母さんはBちゃん一家(母子家庭)をあまり、好意的には思っていないようですが、以前Aちゃんのおじいちゃんが町内会長を務めていた時に、自分の孫も支援学級に在籍していることもあるからか、「この地域でいろんな障害を持つ子どもも、偏見なく育っていけるようにしなければならないと思っている」と言っていたことを聞いたことがあったのでした。

 きっとBちゃんのお母さんも感情の変化が大きかったり、女手一つで子育てをしなければいけない苦労もあるのでしょうが、同じように発達障害を持つ親同士という連帯感にはならず、相手の家庭環境を批判して、親の会でも「ああいう人とは関わるな」というアドバイをもらって、それで納得している状況を聞いているとなんか複雑な感情になってしまいました。

 Bちゃんの姉とわが長男は、中学校では仲もよく同じ町内会ということもあり、中学時代は何度も彼女の家に遊びに行ったりしていました。そのお姉ちゃんが入院した時もお見舞いに行ったりして(お母さんは確かに面会に行ってもあまり会話を交わすことはありませんでしたが・・)、子どもたちはそういう現実を素直に受け止めて付き合っています。
 同じ地域に、そういう家庭環境、親も精神的な疾患があったり、子どもたちも何らかの発達障害を持ち合わせている親子が住んでいる。私たちは、そういう家庭や親子に対しても同じ地域に住む人として、どう付き合っていくべきなのでしょうか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ


ランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/442-de697f59

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。