FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援者の心理

人を学歴で判断したり、自分に変に自信があり人を(たとえ上司であろうが)見下すような人は、だいたい共通の人格を持った人だなあと思えます。
このへんは、多くの心理学的な書籍や多くのネットブログでも書き込まれていますから、活字でも目にすることが多いですが。

 人を見下す人、批評ばかりしたがる人、悪口(陰口)を言う人は、
○プライドが高く、劣等感の強い人
○勝気な人、負けず嫌い
○いつも自分と他人を比べて優位に立ちたい
○自分に自信がなく、自分と周りをいつも比較している
○ストレスに弱い人
○他人のうわさ話が好き(特に悪いうわさ)

たいていこんなところが共通しているものです。

あるSNSにこんな文章がありました。
(引用)
「自分の身を守りたい」
人間がある程度一貫した行動をとり、周りから普通の人だと思われるためには、心の中の要素が矛盾だらけでは困る。心の中がある程度一環していないとだめだ。
 しかし、実際には、人間の心の中にはお互いに矛盾する観念や欲望がいっぱいつまっている。
 そこで、人間は自分の一貫性の邪魔になる観念や欲望に対して攻撃をしかける。
 自分が自分の内部の要素に攻撃をする。
 内部の葛藤は耐え難いので、攻撃をするようにうなる。
 これが、自分の外部に対する攻撃のメカニズム。
 内部に矛盾を抱えていない人はいないのだから、人間は誰でも外部を攻撃する。
 自分が勝手に思い込んでいる規範で他人を裁いている。


 人間である以上、みな心の中に何らかの矛盾や葛藤を抱えながら生きています。自分の心の安定のためには人を批判したり、見下したりすることで承認欲求を満たし優位性を保とうとしたりすることもあるでしょう。時には嫉妬や不の感情を抱くことだってあるでしょう。
 だってそういう感情や特徴なんかは、自分が育った環境、親の育て方、自分の素質や性格とも大いに絡んできているからです。

 でも、こういう人が弱者支援にまわったときは、本当に厄介な場合が多いことは容易に推測できます。
 私は、以前は福祉の現場(行政機関でしたが)で、今は医療の現場で仕事をしていますが、大体権威(役所というだけで権力や権威を与えられたようなものですが)のある場にいると、ずっと公務員しか仕事の経験がなく上記のような性質の職員ほど自分がさも「してあげてやっている」という意識が強いです。
 そういう人たちが専門職だったりする場合はなおさら厄介だなあと思っていました。

 常に優先順位を意識して生きている人(学歴、容姿、金持ち、貧乏、性格、恋愛、環境)では、すべてにおいて上下関係に敏感ですから、職場での彼・彼女らの話題といえば、時分の子どもそれらのレールを外れることにはすごく気になるようです。
 会話の端々に、障害者や貧困者、低学歴、不登校・ニートなどの人たちを揶揄したり見下すような発言が多く、またそういう会話に混ざる人、言いだしっぺの人ってたいてい決まっているのですが、観察しているとみな何らかのコンプレックスや自身のなさを強がることで覆い隠しているような人が多いです。
  
 人を支援する職業に就く人の動機が劣等感を覆い隠すための手段だったり、「してあげている」という自己満足だったり、自分の生き方への悩みの解消だったり・・・。

 ホームレス支援・貧困者支援・不登校支援・障がい者支援・引きこもり支援・・・・。
自己成長ステージで生きている人(本当に自信のある人は人の乳母らしい面を見つけて学ぼうと思ったり、相手の良くない点を批判するより、良い点をみつけてあげようとする)はそういう人たちからも何かを学び取ろうとするし、支援しているという意識は少ないはずだ。
 いくら表面上は「あなたのことを本当に心配していますよ。支援していますよ」という態度をとっていても、裏の態度や言動を見せ付けられると、「おいおい」となってしまう。

 生き辛さを抱える人たちの支援にあたる人こそ、自分の心のからくりや心理を見つめなおして欲しいと思いますが、なかなかそういう人に限って気づいていないんですね。

 


 
 

 



 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/494-fc7cef2b

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。