FC2ブログ

ひとりごと ~障害・福祉・医療・子育てを考える~

発達障害の子を持つ親として、また医療・福祉・介護にかかわる仕事を 通 して感じたことをつづるブログです.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成年後見制度の課題 

毎日新聞(2016年2月21日)の記事より一部抜粋

地域の取り組みに温度差 
 「(成年後見制度の)利用を促進するには、成年後見を必要とする人の把握と、その人を支える体制をどう作るかにかかっている。
  東京品川区社会福祉協議会の斉藤修一・品川成年後見センター所長は指摘する。
  同センターは「ワンストップセンター」として相談の受付から家裁への申し立て、後見の実施まで担う。区の高齢福祉課と情報を共有。月2回開くケース会議で関係者が協議し、後見人をつける必要があるかの方針を決定する。その後医師や弁護士・福祉関係者らによる審査を経て、家庭裁判所に後見人の選任を申し立てる。
 同社協は法人として後見人になることが認められており、職員17人で分担している。資産が少ないケースや家族関係が複雑でない場合は、区などで養成した市民後見人が担うこともある。
 同区の市民後見人の一人、Kさんは定年退職後、とが実施した市民後見人の養成講座を受講。2年前から市民後見人として活動している。
 これまでに4人を担当。週1回は自宅に赴き、契約など本人のさまざまな選択を支援する。本人が高額な化粧品を買ってしまったことを知った時は、企業と交渉し全額返金してもらった。報酬は1万円。
 「ボランティアではなく職業人としての自覚が求められる」と話す。社協職員とは常に連携し、判断に迷ったときは一人で抱え込まないようにしているという。
 だが、品川区のように体制が整うところは多くない。
 また後見人の数を確保するには、弁護士ら専門職だけでは限りがあるため、厚生労働省は11年度から市民後見人の養成事業を36都道府県役160の自治体で実施し、役1万人を養成した。市民後見人への期待は高いが、実際に家裁の選任を受けるには、品川区のようなバックアップ体制が必要だ。

後絶たぬ不正被害
 後見人らによる不正の被害は14年に年間で831件あり、被害総額は56億7,000万円に上った。親族の後見人だけでなく、職業として後見人となる弁護士や司法書士などの専門職でも不正は後を絶たない。
 後見人の立場を悪用して、認知症の高齢女性3人から1億円以上を着服し、キャバクラ代などに使ったとして業務上横領に問われた元弁護士に対し、東京高裁で10月に開かれた判決公判。裁判官は懲役6年の実刑を言い渡した。
 
 制度上、後見人の監督は原則、家庭裁判所が担うが、政府の有識者委員会では、「事務負担が増えており、家裁の監督だけでは不十分だ」との意見が多数だ。
 対策の一つとして注目されているのが、12年から始まった「成年後見制度支援信託」だ。本人の財産のうち、日常的な支払いをする預貯金は後見人が管理し、普段は使わない金銭は信託銀行などに託す仕組み。信託財産を払い戻したり解約したりするには家裁による指示書が必要なため、多額の不正はしにくい。
 同制度の利用者は14年2,764人(1,090億円)、昨年は6,563人(2,109億円)と飛躍的に増えている。これに伴い、15年の後見人らによる不正件数は前年より約4割減り、被害額も5割近い29億7,000万円に抑えられた。
 しかし、銀行側にとっては収益につばがりにくく、新たなシステム導入など経費負担も大きいため、大手信託銀行以外が導入するにはハードルが高い。
 そのため、計画原案には「成年後見制度支援信託に並立・代替する新たな方策の検討」が盛り込まれ、今後地方銀行でも実施できるような簡易な方策が検討される見通しだ。



  2,000年の制度発足以来、今なお、多くの課題を抱えている。 
  これからますます認知症高齢者は増える一方。障害者も例外ではない。役所はさかんに普及・啓発の大義があるから、さらにこの制度活用を勧めようとしているでしょう。
 しかし、品川区のように市民後見人をきちんとした形で養成し、そして活躍の場を実際に広げてもらわなければ、いつまでたっても専門職後見人が幅をきかせて圧力をかけてこないようにしたいものです。
 残念ながら当地では社会福祉協議会の職員そのものが社会福祉士会に所属している専門職が多いので、それだけで社会福祉士団体がやっている「パートナー」(後見業務を行業界う団体の名称)と拮抗することを避けているのか、なかなか市民後見人を活躍の場にという機運はありません。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ttmama4913.blog.fc2.com/tb.php/509-4216c42d

地球の名言

プロフィール

TTmama

Author:TTmama
医療・福祉・介護分野で仕事をしてきました。息子が発達障害をもっています。仕事や子育てを通して感じたことを個人の見解として綴っています。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

訪問者

全記事表示リンク

フリーエリア

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。